EDにならないためにも食事に注意

EDとは血行不良によって骨盤内の血液の流れが阻害され勃起が起きなくなってしまっている勃起障害のこと。
原因は精神的なものから病気の後遺症など様々なものがありますが、一番多いと考えられているものは生活習慣の乱れがあげられます。
喫煙や筋肉疲労、睡眠不足やアルコールの取りすぎなどによって引き起こされますので生活習慣を見直すことが予防と改善のためには必要です。
EDの原因になる血行不良は炭水化物やコレステロール・脂質の過剰摂取によって引き起こされることも多くあります。
ED予防として細胞増殖促進をし精子の増産能力をあげるアルギンや生殖機能の向上に非常に重要な亜鉛などを摂取したとしても、コレステロールの多い食事をしていてはせっかくの栄養素も無駄になってしまいます。
予防や対策を行いたいのならこれらの少ない食事をしましょう。
EDを予防する食事としては和食がおすすめです。
和食は肉類や魚介類、野菜をバランスよくとることができるのでED対策の食事としては取り入れやすいとされています。
血流を良くする食材としては海藻や納豆、お酢などもあげられていますので積極的に取り入れることをおすすめします。
生殖器の発育に影響を与えるホルモンとしてはテストステロンがあげられます。
テストステロンを作る精巣は活性酸素による酸化に弱いという特徴を持っているので抗酸化作用の高い食材を取り入れることをおすすめします。
食材としては必須アミノ酸を多く含む良質なタンパクがとれる卵や牛乳、大豆製品などが良いでしょう。
脂質の過剰摂取はよくありませんが、一価不飽和脂肪酸や飽和脂肪酸などの良質な脂質はテストステロンの生産性が上がりますのでオリーブオイルやアーモンドなどは適度に取るようにしましょう。
アルコールをノンアルコールに、肉類を食べるときには野菜で巻いて食べるなどから始めてみてはいかがでしょうか。
EDに良い食材を食べることも大切ですが一つの食材を集中的に食べるのではなくバランスの良い食生活をすることが大切です。

EDになりたくないならバランスの良い食事を摂る

EDになりたくない、またはEDを改善したいと思っているのならバランスの良い食事を心がけることが大切です。
スムーズに勃起をし射精をするためには、精液を作る必要があるのでタンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素をとるようにしましょう。
脂質や糖質の過剰摂取をしてしまうとビタミンやミネラルが脂質などを分解することに使われてしまうので控えましょう。
健康な精液を作りたいのならセレンを摂取しましょう。
まぐろやいわしなどの魚介類をはじめ、牛肉などの肉類にも含まれているこのセレンは体の酸化を防いで老化を防止する働きがあります。
血行が悪く男性ホルモン分泌や精液合成量が少ない方の中には亜鉛不足が原因にあげられています。
亜鉛は牡蠣やうなぎ、卵黄などに含まれています。
ED予防には血管拡張をし血流を多くするアルギンもかかせません。
アルギンはくるみや胡麻、大豆などに多く含まれています。
アルギンは細胞増殖促やコラーゲン増殖促進の作用もあり、生殖機能の向上や精子の増産能力があると期待されている成分です。
アルギニンの供給源となるシトルリンも一緒に摂取すると効率的に血中アルギニンを高めることができるのでおすすめです。
シトルリンはスイカ・ヘチマ・にがうりなどのウリ科植物に多く含まれています。
バランスの良い食事をとる事が一番ですが毎日は難しいという方はサプリメントを利用してみてはいかがでしょうか。
ED対策としておすすめのものは血小板の凝集を抑制することができるイチョウ葉抽出物の入ったもの。
イチョウ葉抽出物は血管拡張や悪玉コレステロールの酸化を抑制するので血流を良くするのには最適です。
食事のサポート役として取り入れてみてはいかがでしょうか。