AGA治療薬を服用するとEDになるってホント?

AGA治療薬の中には、AGAの直接的な原因となるジヒドロテストステロンと呼ばれる活性男性ホルモンに働きかけるプロペシアという医薬品もあるため、たまに副作用として、男性ホルモンの働きが悪いことで引き起こされるEDを発症してしまうことがあります。
しかし、その発症率は、およそ0.7パーセントぐらいという極わずかな確率なので、ほとんどの人はEDを発症することはありません。
それは、プロペシアというAGA治療薬は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、還元酵素の影響を受けてジヒドロテストステロンが分泌させないようにする効果はあっても、テストステロンには、何も影響を与えないはずであるからです。
ただし、AGAの症状をAGA治療薬を服用して治療するには長期間に亘って継続する必要があるため、その期間にEDを発症することがあります。
たとえ、0.7パーセントというわずかな発症率であったとしても、EDという副作用に対しては、しっかり対処方法があるなら知っておきたいという人は少なくないかも知れません。
実は、AGA治療薬は、ED治療薬と併用ができます。
ですので、運悪く0.7パーセントの確率でEDの症状が発生してしまったとしても、ED治療薬との併用で対処できることになります。
ただし、効果的にAGA治療薬の副作用によるEDの症状を治療するためには、必ずしもED治療薬を飲むのがベストな治療方法であるとは限らないので、AGA治療薬を処方してもらった、お医者さんに相談して、その人に最も適した治療法を一緒に考えてもらうのが良い方法の1つであるということができます。
また、AGAの症状に悩みを抱えている人は、元々精力減退気味の人も少なくなく、AGAを治療している期間中にEDを発症したとしてもAGA治療薬の副作用とは直接的な関係がない可能性もあるので、原因をAGA治療薬の副作用と決め付けずに、しっかり見極める必要があります。

AGA治療とED治療薬を併用すると副作用が強く出る?

わずかな確率ではありますが、運悪くAGA治療薬の副作用でEDを発症し、AGA治療薬を処方してもらった、お医者さんに相談して、診察の結果としてED治療薬を併用することで、それぞれの症状を治療するということが決められた場合は、AGA治療薬と、ED治療薬のお互いの副作用が強く出るということは、まず考えられません。
お医者さんは、治療薬の副作用が身体にどのような影響を与えるのかを充分に考慮した上で、患者さんに投与することを決めているためです。
ED治療薬を服用することによって副作用で身体に悪影響を与えないと診断したからこそ、処方することを決めたわけで、心配がある場合は、そのような治療方法を、お医者さんが提案するはずがありません。
AGA治療薬であるプロペシアは併用禁忌剤はないとされているので、どんなED治療薬を選んだとしても副作用が強く出ることは、あまり考えられませんが、自己判断でED治療薬を個人輸入などで手に入れて処方した場合は副作用が強く出ないとは言い切れません。
個人輸入で手に入れた医薬品は、その人の身体を診察した上で処方されたものではないためです。
副作用のことが心配であれば医薬品は、お医者さんの処方したものだけを服用し、自己判断で個人輸入で手に入れたものを服用しないようにする必要があります。
ED治療薬を服用することによって引き起こされる副作用は、頭痛や、火照り、目の充血などですが、これは普段より血液の流れが良くなるために引き起こされるもので、海綿体にある程度の量の血液が流れ込まないとペニスは勃起しません。
そのため、頭痛や、火照り、目の充血などといった副作用は、ED治療薬が効いているために引き起こされる症状であるということができます。