重い糖尿病になると完全に勃起しなくなる

糖尿病になってから勃起しにくくなってしまったという人は多く、実際に糖尿病とEDの関係はとても深いものであるといわれています。
驚くことになんと糖尿病患者の80%はEDを併発しているということがわかっています。
これは糖尿病によって高血糖の状態が続き、神経繊維が減少してしまうことが原因とされています。
神経繊維が減少すると繊維密度が低下するため、低酸素状態になってしまいます。
低酸素状態が陰茎知覚を鈍らせたり、陰茎海綿体の神経障害を起こすことでEDのように勃起しにくくなってしまうのです。
糖尿病でさらにEDの患者の陰茎知覚を振動覚計で計ってみると、健康な人より明らかに振動が鈍く動いているという結果が出ています。
糖尿病患者がEDになりやすい理由としては降圧剤による薬の作用によるためという場合や糖尿病から起こる抑うつ状態による心因性のものという場合があります。
パートナーがいる場合にはパートナーと改めて信頼関係を築いたり、もっと強固なものにするように努力する必要が出てきますし、心因性であればカウンセリングを受けるというのも有効な方法です。
いくら薬を飲んで体的に治そうとしても、原因が心の問題であれば根本的な原因を解決しなければ何度でも繰り返してしまうからです。
逆に糖尿病の薬や他の病気の薬が原因となっている場合には、他の薬に変えてもらうなど医師と話し合って自分の体に合う薬を処方してもらわなければいけません。
糖尿病が原因のEDかどうかということはヘモグロビンA1cの数値を検査したり、動脈硬化の進行具合をチェックすることでわかります。
もし糖尿病が原因のEDだとしても改善できる確率は0%ではありません。
糖尿病自体は進行しないようにうまくつきあっていくしかありませんが、勃起力に関してはいくつかの方法を実行することによってまた取り戻すことができることもあるのです。
あきらめずに治療をしてみるようにしたほうが良いでしょう。

ICI注射なら糖尿病でも勃起できる

EDの原因は様々ありますが、例えば喫煙や過度の飲酒、偏った食生活、運動不足などは特に原因となりやすいです。
特に喫煙はEDになる3大原因の1つで、その他の2つが糖尿病と高血圧症です。
糖尿病になると血管障害や神経障害が起きてしまうことからEDが合併症として出てしまうことが珍しくありません。
一般的にEDの治療というとED治療薬を使いますが、糖尿病の場合、こういった合併症が起きたとしてもED治療薬として使えないものもありますから注意が必要となるのです。
全ての薬ではないものの、EDの改善をすることができる治療薬として有名なものなども糖尿病患者が使うには向いていないというものもあります。
もちろんインスリン治療を行ないながらもEDの治療をできるといった方法はあります。
その1つが「ICI注射」です。
このICI注射は陰茎海綿体に直接勃起をすることが期待できる成分が含まれている注射をするというものです。
インスリン治療を行なっていても注射するのは陰茎海綿体であるため、様々な影響を受けにくいのが特徴です。
糖尿病患者以外でもED治療薬で結果を出すことができなかった人にとっても最後の頼みの綱として行われています。
この注射をすると5分から10分程度で勃起できる状態となり、2、3時間ほど持続させることが可能となります。
ただし強制的に勃起させるというものであるため、勃起状態がおさまるまでは外出するのが難しいというデメリットもあります。
しかしこの治療法のメリットは初回だけは医師が行ないますが、2回目以降は自分でも注射することができるようになるという点でしょう。
ICI注射は保険適用となっていないため、自費で利用する必要があります。
そのため、費用面では注射1本で4、5000円はかかります。