最新のED治療はすごい!必ず勃起できるようになる?

ED治療に取り組んだからといって必ず症状が克服できるわけではない、そう思っている人も中にはいるかもしれませんが、実はそれは間違った情報です。
もちろん、中には病気や体質の問題でEDをうまく克服できないというケースもありますが、こと血管性EDの場合には最新の治療で対処していくことが十分に出来ます。
その最新の治療というのがED1000というED治療機器を用いた方法です。
このED1000というED治療機器は日本でも限られた医療機関にしか存在していない機器で、その効果の高さからこれまでのED治療で効果が出なかった人にも大革命だと注目されています。
そのED治療の仕組みは非常にシンプルで、男性器に特別な衝撃波をあてることで血管やその細胞に刺激をあたえていきます。
刺激を与えるだけでどうしてED治療につながるのかと疑問に思われる人もいるでしょうが、この刺激によって細胞の増殖が促され、そして新しい血管が作られていきます。
血管性EDの症状は、性的興奮を覚えていても血管の状態が悪かったり、血流が滞ったりすることで引き起こされています。
血管が細く血液がうまく流れない状態のため、勃起をしても硬度が足りなかったり、挿入に耐えられないなどの症状があらわれていきます。
こうした症状を改善するためにおすすめとなってくるのが、先に挙げたED1000というわけです。
このED治療機器を用いれば、少なくとも血管の状態は着実に改善していくことが出来ます。
血管の状態が良くなれば、それは血流が促進されるということなので、自然と勃起力も高まっていくということです。
本来、ED治療には心疾患の人や脳疾患を持っている人は向かないとされていましたが、このED治療機器を用いる方法であればそういった制限がありません。
心疾患や脳疾患を持っていても治療が可能という点は、ED治療における大革命ですし、性行為に対してトラウマを抱いている男性の強い味方となります。
これまで治療をあきらめていたという人にもうってつけの方法となってくるわけです。

費用は高いが確実に勃起できるようになる

このED1000を用いた治療方法は費用が他に比べて高い傾向にあります。
それは、先にも挙げたように日本に数台しかない貴重な機器を使っているということもありますし、医療機器でありながらその費用は全額自己負担となることが関係しています。
本来であれば治療目的の医療行為に際する費用は保険が適用されるわけですが、この治療法に関しては保険適応外となるため注意が必要です。
それこそ、1回の治療に数万円単位で費用が必要になるので、予算にある程度余裕を持たせる必要があります。
実際に症状が改善されるまで、人によっては何度も治療を繰り返すことになるため、保険適応外の出費は大きな痛手となります。
ただ、このED1000を使った方法は無痛であることがその大きな魅力で、しかも血管性EDを根本的を治すことが出来るため、一度治療が完了すればそれ以上の通院は必要ありません。
1クールの治療で、しかも無痛の治療でEDを克服することができるというのであれば、決して悪い話ではないわけです。
治療期間について、平均的な治療期間はおおよそ2か月程度です。
この期間中に複数回に分けて男性器に衝撃波を与えていきます。
何度も医療機関に通わなければいけないという点ではデメリットにはなりますが、それでもこの2か月という短い治療期間で、長年悩まされ続けてきたEDを克服出来るわけです。
まずは自身がこの治療法でEDを克服することが出来るのか、血管性EDなのかどうかを医療機関でチェックしていくことから始めていきましょう。
もしも治療が可能で、さらには予算もある程度確保できるという場合には、このED1000での治療を積極的に行っている医療機関を探していきます。
数が限られている機器のため、まずは自宅のそばに治療可能な医療機関があるかどうかから確認していきます。