シアリスの正しい服用方法について

服用

シアリスは、ED治療薬として服用されている薬です。
しかし従来の薬とは特徴が異なり、服用後に効き目が現れるまでに3時間ほどの時間がかかります。
その反面、持続性が長く続くことが特徴で、最大36時間程度続くとも言われています。
シアリスが選ばれる要素として、食事の影響をあまり受けないといったことがあります。
ただし全く受けないというわけではありません。
800kcal未満の食事であれば、食事の影響は現れないと言われています。
一般的な成人男性の食事であれば、シアリスは食後であっても服用は可能といえますが、あまり脂っこいメニューであったりした場合は、胃の中が油でコーティングされ吸収力が低下する場合もあります。
満腹よりも腹八分目あたりにしておいた方がいいでしょう。
またシアリスは、決められた用法を守って服用することが大切です。
5mg・10mg・20mgといった3種類の錠剤があります。
医師の診察のもとで処方されます。
5mgの錠剤だったということで効き目が緩いかもしれないと1回に2錠飲んだり、間隔をあけずに飲むということはやめましょう。
シアリスは遅効性の薬ですから、ゆっくりと効き目が現れてきます。
性行為前3時間には服用するようにします。
体内への吸収力が遅いことが特徴の薬で、十分な血中濃度に達するまでに3時間はかかると言われているからです。
しかし持続性も長いため、前日に飲んでおいても問題はありません。
一度服用したら、次の服用までは24時間あけるようにします。
前回飲んだシアリスの影響力がまだ続いていたとしても、24時間間隔を開ければ体調への影響はないとされています。
食事の影響を受けにくいとされるシアリスですが、もっとも効き目が良く現れるためには、空腹時のタイミングで服用することが望ましいと言われています。
ただし、他のED治療薬とは異なり、効くまでに時間がかかることから、空腹時に服用し、そのあと食事をすることもあるでしょう。
その場合は、服用後30分以上の間隔をあけて食事を摂るようにします。
その場合も、満腹まで食べ続けるのではなく、食べ過ぎには注意した方がいいでしょう。

水でシアリスを服用することが一番効果が出る

性行為前に食事を摂る場合、アルコールを摂取するという機会も多いでしょう。
少量であれば、アルコールは精神安定といったリラックスした気分を得られるものです。
少しの飲酒であれば薬への影響はないとされているので大丈夫です。
大量の飲酒は、神経伝達を鈍くする可能性もあり、せっかく薬を服用しても勃起が不完全など影響が出来ることもあるので注意しましょう。
薬を飲む場合、牛乳など脂肪分が含まれる飲み物での服用は避けるようにします。
基本的に錠剤は、水で飲むことで溶けだすように製造されています。
シアリスは、水がない場合は清涼飲料水や少量のアルコールであっても服用は出来ますが、もっとも溶けやすいのは水です。
なるべく水で服用するようにしましょう。
牛乳は、脂肪分が多く含まれています。
そのため胃の粘膜がコーティングされ、薬の成分が吸収されにくくなってしまいます。
きちんと有効成分が吸収されないと、シアリスの効き目が悪くなってしまいます。
牛乳だけに限らず、ミルクを使用した飲み物、アイスクリームなどを一緒に摂るということも避けましょう。
そして一緒に摂ってはいけないとされる食べ物もあります。
グレープフルーツは一緒にとってはいけないフルーツです。
シアリスに含まれる有効成分の吸収を阻害するわけではありません。
有効成分を体外に排出することを阻害してしまうと言われています。
有効成分が長く体内に留まることで、体に与える影響も大きくなってしまうため、グレープフルーツはジュースも含めて一緒に摂ることは避けるようにしましょう。
時間の融通が利くシアリスですから、スケジュールに合わせて、都合のいいタイミングで服用できるという大きなメリットが魅力といえます。