シアリスの副作用はじんわりと出る

副作用について警告する医者

シアリスはEDのための治療薬として使われています。
他の治療薬と異なり、36時間という長い間持続するので、使いやすい薬として患者さんからも好評です。
しかし、どのような薬でも副作用があります。
シアリスの副作用は、頭痛、ほてり、潮紅、消化不良というものです。
軽度であれば、そのまま使用しても構いませんが、気になる症状があれば飲むのを中止して医師に相談するようにしましょう。
そもそも、EDの原因である勃起不全というのは、男性器にうまく血液が流れないことから起こります。
シアリスは男性器の血管拡張を阻害する物質を壊すことで、勃起が起こりやすいようにします。
そのため、血液の流れが改善し、EDに対して治療薬としての作用を発揮します。
そのため、頭痛やほてり、潮紅といった複写王は、血管系の病がある人ですと、症状が重くなってしまうことがあります。
狭心症の患者さんの場合、飲んでいる薬の種類によってはシアリスの処方ができないこともあるので注意しましょう。
血管系の病があることを隠して処方してもらおうと考える人もいますが、身体のために絶対に行わないようにしましょう。
そして、シアリスには消化不良、めまい、鼻づまりといったものを発症することもあります。
鼻づまりやめまいが軽ければ問題がありませんが、人によっては重く発症してしまうことがあります。
やはり、血管系の病がある人は注意が必要です。
シアリスの副作用は、急激に発症するというよりは、じんわりと出るという特徴があります。
いつもの状態と比べると、ほてりやすくなっていたり、状態が違うことに気が付きます。
服用する際は、水かぬるま湯を多めに飲むようにしましょう。
柑橘系のジュースは作用が強くなってしまうので避けた方がいいでしょう。
アルコールも少量なら問題ありませんが、飲み過ぎてしまうと血管が一気に拡張してしまい、酔いやすくなるので注意しましょう。
人によっては性行為をする前に寝てしまうこともあります。

他のED治療薬に比べると副作用が軽い

シアリスの副作用は、他のED治療薬に比べると軽いという特徴があります。
他の治療薬は、服用するとすぐに動悸が出てしまったり、ほてりが人から見ても分かるレベルで出てしまうこともあります。
コカのED治療薬は、服用してからすぐに働きを感じることができます。
その分副作用も強くでる傾向があります。
シアリスの場合、服用してもすぐに働きを感じることはありません。
飲んでから3時間ほどたってゆっくりと効き始めて行くからです。
他のED治療薬では約9割の人が副作用を感じるのに対して、シアリスの場合は3割ととても低い数字であることが分かります。
おまけに、副作用の状態が軽いので、目まで充血してしまったり、ほてりが強く困るということが少なくなります。
もちろん、薬への反応というのは個人差が強く、まったく副作用が起こらないということはありません。
それでも、多くの人が副作用を感じにくいということは、安心して飲むことができるということにつながります。
それでも、潮紅、頭痛、鼻づまりといった副作用は比較的多くみられます。
気にならない程度であれば問題がありませんが、日常生活に差し障りが出てしまうようであれば、医師に相談しましょう。
頭痛の場合、市販されている鎮痛剤を飲んでも問題ありません。
初めて一緒に服用する場合は、事前に医師にどの薬を飲んだらいいか相談しておくと安心です。
シアリスは上手に使うことで、長い間の効き目を維持することができます。
食事など、影響を受けることが比較的少ない薬ですが、飲む前には医師からの注意事項を守ることが大切です。
シアリスは週末に飲むことでずっと働いてくれるので、ウィークエンドピルという呼び方もします。